Category: ‘Mac’

gem install rmagick でインストール失敗

2017年1月21日 Posted by PURGE

結構ハマったので覚え書き。

数々の解決方法が、Webには転がっていたのだが、今回のケースはどれにも当はまらなかったので、独自の解決方法を記す。

環境
Mac : 10.12.2
Ruby: 2.2.2
ImageMagick : 6.9.1

最初、brew によって、ImageMagic をインストールして、gem install rmagick を実行していたが、下記のエラーが頻発する。

$ gem install rmagick -v '2.16.0'
Building native extensions.  This could take a while...
ERROR:  Error installing rmagick:
        ERROR: Failed to build gem native extension.

    /Users/xxxx/.rbenv/versions/2.2.2/bin/ruby -r ./siteconf20170121-33287-t9qj7o.rb extconf.rb
checking for clang... yes
checking for Magick-config... no
checking for pkg-config... yes
checking for outdated ImageMagick version (<= 6.4.9)... no
checking for presence of MagickWand API (ImageMagick version >= 6.9.0)... no
checking for Ruby version >= 1.8.5... yes
checking for stdint.h... yes
checking for sys/types.h... yes
checking for wand/MagickWand.h... no

Can't install RMagick 2.16.0. Can't find MagickWand.h.
*** extconf.rb failed ***
Could not create Makefile due to some reason, probably lack of necessary
libraries and/or headers.  Check the mkmf.log file for more details.  You may
need configuration options.

Provided configuration options:
        --with-opt-dir
        --without-opt-dir
        --with-opt-include
        --without-opt-include=${opt-dir}/include
        --with-opt-lib
        --without-opt-lib=${opt-dir}/lib
        --with-make-prog
        --without-make-prog
        --srcdir=.
        --curdir
        --ruby=/Users/xxxx/.rbenv/versions/2.2.2/bin/$(RUBY_BASE_NAME)

extconf failed, exit code 1

そこで、このサイト(http://cactuslab.com/imagemagick/)から、ダウンロードして、インストールした。

デフォルトでは、下記のディレクトリにインストールされる。

/opt/ImageMagick

参考までに、brew でインストールした場合は、下記にインストールされる。

/usr/local/Celler/imagemagick

重複しない為に、brewでインストールしたものは、アンインストールした。

$ brew uninstall ImageMagick

念の為、ImageMagickが、想定通りのものか確認するために、下記コマンドにて確認。

$ convert --version
Version: ImageMagick 6.9.1-0 Q16 x86_64 2015-03-22 http://www.imagemagick.org
Copyright: Copyright (C) 1999-2015 ImageMagick Studio LLC
License: http://www.imagemagick.org/script/license.php
Features: DPC OpenCL
Delegates (built-in): bzlib fftw jng jpeg lcms lzma png tiff webp xml zlib

$ which convert
/opt/ImageMagick/bin/convert

■環境変数にpkgconfigを追記する。

$ vi .bash_profile

# Setting PATH for ImageMagick
export PKG_CONFIG_PATH=/opt/ImageMagick/lib/pkgconfig

$ source .bash_profile

■ rmagickのインストール

$ gem install rmagick
Building native extensions.  This could take a while...
Successfully installed rmagick-2.16.0
Parsing documentation for rmagick-2.16.0
Installing ri documentation for rmagick-2.16.0
Done installing documentation for rmagick after 10 seconds
1 gem installed

■まとめ
ポイントとしては、
 1. brew で、ImageMagic をインストールしない。
 2. PKG版のImageMagicをインストールして、pkgconfig ディレクトリを環境変数に追記する。

なかなか、しんどかった。

bundle install が nokogiri のライブラリ依存で失敗した場合

2016年12月6日 Posted by PURGE

bundle install が、nokogiri のライブラリ依存で失敗した場合。

Installing nokogiri 1.6.8.1 with native extensions
Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.

    current directory: /Users/xxxxx/.rbenv/versions/2.3.1/lib/ruby/gems/2.3.0/gems/nokogiri-1.6.8.1/ext/nokogiri
/Users/xxxxx/.rbenv/versions/2.3.1/bin/ruby -r ./siteconf20161206-45292-57wgxr.rb extconf.rb
checking if the C compiler accepts ... yes
checking if the C compiler accepts -Wno-error=unused-command-line-argument-hard-error-in-future... no
Building nokogiri using packaged libraries.
Using mini_portile version 2.1.0
checking for iconv.h... yes
checking for gzdopen() in -lz... yes
checking for iconv... yes
************************************************************************
IMPORTANT NOTICE:

Building Nokogiri with a packaged version of libxml2-2.9.4.

Team Nokogiri will keep on doing their best to provide security
updates in a timely manner, but if this is a concern for you and want
to use the system library instead; abort this installation process and
reinstall nokogiri as follows:

    gem install nokogiri -- --use-system-libraries
        [--with-xml2-config=/path/to/xml2-config]
        [--with-xslt-config=/path/to/xslt-config]

If you are using Bundler, tell it to use the option:

    bundle config build.nokogiri --use-system-libraries
    bundle install

Note, however, that nokogiri is not fully compatible with arbitrary
versions of libxml2 provided by OS/package vendors.
************************************************************************

brewで、libxml2 をインストールして、bundleのオプションで、libxml2 のライブラリの場所を指定する。

$ brew install libxml2
$ bundle config build.nokogiri --use-system-libraries --with-xml2-include=/usr/local/opt/libxml2/include/libxml2/
$ bundle install

IPアドレスから、NetBios名を調べる方法

2015年3月2日 Posted by PURGE

Windowsであれば、下記コマンドで調べられる。

> nbtstat -A 10.XX.XX.XX

ローカル エリア接続:
ノード IP アドレス: [10.XX.XX.XX] スコープ ID: []
           NetBIOS リモート コンピューター ネーム テーブル
       名前               種類         状態
    ---------------------------------------------
    whoocus            <00>  グループ    登録済
    hoge     <00>  一意        登録済
    hoge     <20>  一意        登録済
    whoocus            <1E>  グループ    登録済
    MAC アドレス = AA-AA-AA-AA-AA-AA

Linuxでも下記コマンドがあることを発見。

$ nmblookup -A 10.XX.XX.XX
Looking up status of 10.XX.XX.XX
        whoocus             <00> - <GROUP> M <ACTIVE>
        hoge      <00> -         M <ACTIVE>
        hoge      <20> -         M <ACTIVE>
        whoocus             <1e> - <GROUP> M <ACTIVE>

        MAC Address = AA-AA-AA-AA-AA-AA

これは使えそうだ。

Unable to run app in Simulator

2014年9月7日 Posted by PURGE

ビルドは上手くいくが、下記のエラーが出力されるときの対応。

Unable to run app in Simulator

An error was encountered while running (Domain = FBSOpenApplicationErrorDomain, Code = 4)

スクリーンショット 2014-09-07 21.15.03

iOSシミュレータの下記メニューからコンテンツをリセットする。

 [iOS Simulator]-[Rest Contents and Settings…]-[Reset]

スクリーンショット 2014-09-07 21.20.56

Macボタン記号

2014年9月7日 Posted by PURGE

仕事でWindows、プライベートでMacな私だが、どうしても未だ記号が覚えられないので覚え書き。特に上から3種類。

 ⌘:Command
 ⌥:Option
 ⌃:Control
 ⇧:Shift
 ⇪:Caps Lock
 fn:Function

ちなみに、^(キャレット)と ⌃(Control)は異なります。改めて知った。w

Macでのアプリケーションの切り替え

2014年7月18日 Posted by PURGE

command (⌘) + tab

Macでの画面キャプチャ

2014年6月28日 Posted by PURGE

覚え書きですが、

command (⌘) + shift + 4

Mac文字入力の覚え書き

2013年8月25日 Posted by PURGE

ここのサイトに素晴らしい記事が。
MacBookAir使っていると確かに、カーソル移動が面倒臭い。

ただ、これを覚えることは、vimユーザには、余計なタイピング癖が付きそうだが。
正しい意味だかわからないが、とりあえず自分は下記のように覚えるようにした。

カーソル移動
 control + F(orward) カーソルを右へ
 control + B(ack) カーソルを左へ
 control + (u)P カーソルを上へ
 control + (dow)N カーソルを下へ
 control + A(tama) カーソルを先頭へ
 control + E(nd) カーソルを最尾へ

削除
 control + D(elete) カーソル右文字を削除
 control + H(idari) カーソル左文字を削除
 control + K(etsu) カーソル右文字全て削除

最後の方の覚え方が今ひとつだが、とりあえず。

Mac 画面キャプチャ

2013年8月23日 Posted by PURGE

今更。

選択したエリアのキャプチャ画像を撮り、クリップボードに保存

cmd+control+shift+4

CocoaPods インストール

2013年8月23日 Posted by PURGE

急遽、CocoaPodsというものを使うこととなった。
その覚え書き。

$ gem install cocoapods

gem にてインストールらしいが、podコマンドを打っても認識できていない。
一応環境は、Mac + rbenv で構築されている。

$ rbenv rehash
$ pod setup
Setting up CocoaPods master repo
Setup completed (read-only access)

セットアップされたようだ。

$ pod --version
0.23.0

その後、PodFileを作成して実行
PodFile

platform :ios, '6.0'
pod 'DCIntrospect'
pod 'GHUnitIOS'
pod 'BlocksKit'
pod 'Underscore.m'
pod 'AQGridView'
pod 'QuickDialog'
pod 'JASidePanels'
pod 'OCCalendar'
pod 'SDWebImage'
pod 'SVProgressHUD'
pod 'Reachability'
pod 'AFNetworking', '1.3.2'
pod 'MagicalRecord'
pod 'NoticeView'
pod 'ELCImagePickerController'
$ pod install
Analyzing dependencies
Downloading dependencies
Installing AFNetworking (1.3.2)
Installing AQGridView (1.3)
Installing BlocksKit (1.8.2)
Using DCIntrospect (0.0.2)
Installing ELCImagePickerController (0.1.2)
Installing GHUnitIOS (0.5.6)
Installing JASidePanels (1.3.2)
Installing MagicalRecord (2.1)
Installing NoticeView (3.0.7)
Installing OCCalendar (0.0.3)
Installing QuickDialog (0.8)
Installing Reachability (3.1.1)
Installing SDWebImage (3.4)
Installing SVProgressHUD (0.9)
Installing Underscore.m (0.2.1)
Installing libffi (3.0.13)
Installing libwebp (0.3.0-rc7)
Generating Pods project
Integrating client project

ライブラリの意味は、地味に覚えるしか無い。

xcodeに表示された。

xcode