Elixir 値取得方法

2020年4月22日 Posted by PURGE

# List からの値取り出し
list = [1,2,3,4]

IO.inspect(Enum.at(list, 0))
IO.inspect(Enum.at(list, 1))

# Map からの値取り出し
map = %{a: 1, b: 2, c: 3, d: 4}

IO.inspect(Map.get(map, :a))
IO.inspect(Map.get(map, :b))

# Tuple からの値取り出し
tuple = {1, 2, 3, 4}

IO.inspect(elem(tuple, 0))
IO.inspect(elem(tuple, 1))

Phoenix Server をバックグラウンドにて動作させる方法

2020年4月20日 Posted by PURGE

$ elixir --erl "-detached" -S mix phx.server

Elixir Amazon Linux2 へのインストール方法

2020年3月10日 Posted by PURGE

$ sudo yum install elixir
読み込んだプラグイン:extras_suggestions, langpacks, priorities, update-motd
パッケージ elixir は利用できません。
エラー: 何もしません
[ec2-user@ip-10-0-1-175 src]$ 
$ sudo amazon-linux-extras install -y epel

Erlang Amazon Linux2 へのインストール方法

2020年3月10日 Posted by PURGE

$sudo yum install git autoconf gcc gcc-c++ glibc-devel make ncurses-devel openssl-devel unixODBC unixODBC-devel java-1.8.0-openjdk-devel 

$sudo git clone https://github.com/erlang/otp.git

$sudo chown ec2-user:ec2-user -R otp/
$cd otp
$sudo ./otp_build autoconf
$sudo ./configure #--prefix=/usr/local/erlang
$sudo make
$sudo make install

vi ~/.bash_profile
PATH=$PATH:/usr/local/erlang/bin

#sudo git clone https://github.com/elixir-lang/elixir.git
#sudo chown ec2-user:ec2-user -R elixir/
$make clean test

Flutter MaterialApp と Scaffold

2020年1月2日 Posted by PURGE

Flutter を勉強し始めた。

そこで少しハマったところを覚え書きとして記載しておく。

下記のコードでも両方動作する。

Widget build(BuildContext context) {
  return MaterialApp(
    home: Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: const Text('Sample Page'),
      ),
    ),
  );
}
Widget build(BuildContext context) {
  return Scaffold(
    appBar: AppBar(
      title: const Text('Sample Page'),
    ),
  );
}

上記2つは動作するのだが、その違いは大きい。例えば、前画面から上記のページを下記にて呼んだ場合、前者はナビゲータバーの戻るボタンが表示されない。つまり、ページのスタックに積まれるのはAppレベルではないため階層が異なる。

Navigator.push(context, MaterialPageRoute(builder: (context) => NextPage()));

少しづつだが理解を深めたいと思う。

Phoenix – React 連携

2019年12月2日 Posted by PURGE

Phoenix Project 作成

$ mix phx.new ProjectName --app project_name --no-ecto

npm モジュールインストール

$ cd ProjectName/assets/node_modules/
$ npm install --save @babel/preset-react
$ npm install --save @babel/polyfill
$ npm install --save react react-dom redux react-redux
$ npm install --save react-router-dom
$ npm install --save connected-react-router history
$ npm install --save redux-thunk
$ npm install --save axios
$ npm install --save redux-form react-hook-form
$ npm install --save react-bootstrap
$ npm install --save history
$ npm install redux-saga --save

.babelrc 設定

assets/.babelrc
{
"presets": [
"@babel/preset-env",
"@babel/react"
]
}

エントリポイント(index.js)の変更

$mv assets/js/app.js assets/js/index.js
index.js

import React from 'react';
import ReactDOM from 'react-dom';

ReactDOM.render(
<div>
Hello React!!
</div>,
document.getElementById('root')
);

webpack.config.js

entry: {
'./js/index.js': glob.sync('./vendor/**/*.js').concat(['./js/index.js'])
},
output: {
filename: 'index.js',
path: path.resolve(__dirname, '../priv/static/js')
},

index.eex の変更

lib/project_name_web/templates/page/index.eex

<section class="row">
<article class="column">
<div id="root"></div>
</article>
</section>

index.jsパスの変更

lib/project_name_web/templates/layout/app.eex

<script type="text/javascript" src="<%= Routes.static_path(@conn, "/js/index.js") %>"></script>

Elixir Timex のフォーマット

2019年6月11日 Posted by PURGE

Timex を使用した時の、現在時間フォーマット。

Timex.format!(Timex.now("Asia/Tokyo"), "%Y/%m/%d %H:%M:%S", :strftime)

GCP VMインスタンスにElixir をインストールする

2019年5月19日 Posted by PURGE

GCP VMインスタンスをCentOSで構築しようとした。あまりGCPについて詳しくないまま、インスタンスを立ち上げた。

どうも、必要なライブラリが何も入っていないのでメモ書き。

OS環境の構築

$ sudo yum install gcc
$ sudo yum install ncurses-devel
$ sudo yum install autoconf

Erlang のインストール

$ sudo ./otp_build autoconf
$ sudo ./configure
$ sudo make
$ sudo make install

インストールしたErlangのバージョンの確認

$ erl -v
Erlang/OTP 23 [DEVELOPMENT] [erts-10.4] [source-fe2b132] [64-bit] [smp:10:10] [ds:10:10:10] [async-threads:1] [hipe]

Eshell V10.4 (abort with ^G)

Elixir で縦持ちデータ⇒横持ちデータへフォーマット変換

2019年4月30日 Posted by PURGE

ファイルのデータ構造を、縦持ちから横持ちに使用と思い、大量データなのでExcelでは無理、Pandasを使用しようと思ったが挫けた。そこで、久しぶりにElixirで処理を書いてみた。

元ファイル(.tsv)

1	Bob	Elixir
1	Bob	Java
1	Bob	Ruby
2	Tom	Elixir
2	Tom	C#
3	Dave	Python
3	Dave	Java
3	Dave	Ruby
4	Jane	Python

整形後ファイル (.tsv)

1	Bob	Elixir	Java	Ruby
2	Tom	Elixir	C#	
3	Dave	Python	Java	Ruby
4	Jane	Python		
defmodule FormatTsv do
  def convert do
    headers = [:id, :name, :lang]
    out_file = "out.tsv"
    result = "data.tsv"
      |> File.stream!
      |> CSV.decode(separator: ?\t, headers: headers)
      |> Enum.map(&(elem(&1, 1)))
      |> Enum.group_by(fn(x)-> x[:id] end)
      |> Enum.map(fn {id, values} -> 
                    "#{id}\t#{Enum.at(values, 0)[:name]}\t#{Enum.at(values, 0)[:lang]}\t#{Enum.at(values, 1)[:lang]}\t#{Enum.at(values, 2)[:lang]}\n"
                  end)
    File.write(out_file, result)
  end
end

できてしまうと、お気軽で楽しいElixirである。

Elixir の Enum.group_by

2019年4月29日 Posted by PURGE

Elixir の Enum.group_by の使用方法にもやもやしていたので覚え書き。

["Elixir","Java","C#","Python","Ruby"]
  |> Enum.group_by(fn(x)-> String.length x end)


iex(1)> FormatTsv.test
%{2 => ["C#"], 4 => ["Java", "Ruby"], 6 => ["Elixir", "Python"]}

出力例を見てわかるように、リストの要素に対して、関数 fn で 返却した値で、グループ化している。